協会について

人材育成委員会

モノづくり人材育成対策事業

(1)産業人材の確保・育成のための支援
 平成31年度の工業系高校の募集定員の維持に向けて、協会独自事業として中学生及び保護者へ本県の基幹産業であるモノづくりをPRする。
  • 中学生の工業系高校への進学率を高めるための事業
    • 出張講演会の開催 協同組合等の協力を仰ぎ、モノづくり企業に勤める若手社員に、企業PR及びモノづくりの楽しさを話してもらう。
    • モノづくり企業見学会の開催 中学生とその保護者及び教員を対象に、進路決定前の夏休み中にモノづくり企業見学会を開催し、工業系高校への進学を促す。
  • 工業系高校生の県内就職率を増加させるための事業
    • 高校教員の工場見学会の開催 地元のモノづくり企業を周知すべく、能登・金沢・加賀の3地区の高校教員(工業系に限らず)を対象とした企業見学会を開催する。
  • (2)若者モノづくり啓発・ネットワーク構築の推進
     次代を担う子供達にモノづくりに対する興味を持たせるため、また将来を担う若者や学校関係者との交流・連携を引き続き推進する。
    • 小学生を対象とした工場見学や「モノづくり体験教室」の実施(県内4地区)
    • 高校生を対象とした工場見学会及びモノづくり講演会の開催
    • 工業系高校優良卒業生等の表彰
    • 工業系高校教諭との意見交換会及び企業見学会の開催
    • 高校生や学生を対象としたインターンシップやデュアルシステムへの支援
    (3)「きでんスクール」の開催
     「モノづくり」の人材育成を図るため、研修会・講習会を開催、研修内容については会員ニーズに即したテーマを選定のうえ、実施する。
    • 中堅管理者研修(経営・労務管理)
    • 品質管理研修(QC)
    • 生産管理研修(5S・原価/安全管理)
    • 設備保全研修
    • ISO関連研修
    • 若手社員レベルUP教育研修 など
    (4)「きでんモノづくり技能継承スクール」の実施
     会員企業の技能継承に向け、生産現場に従事する若手を対象に加工現場で不足している基礎技術のカリキュラムを主体とした短期研修を、昨年度に引き続き実施し、技能・技術を習得する。
    • カリキュラム: 切削加工(旋盤、フライス盤)・研削、図面の見方・読み方、シーケンス制御、TIG・半自動アーク溶接、精密測定など
    • 協力機関: (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構石川支部(石川職業能力開発促進センター)ほか
    • 研修期間: 2日~5日間程度
    (5)次世代経営者人材育成講座の拡充
     協会先輩経営者・専門家を講師に、次世代を担う経営者に対し「企業経営上の問題点、若者が働きたい会社とするには如何にあるべきか、これからの経営面での留意点」等を主題に、多岐に亘る内容で開講する。  
    (6)UIターンマッチングの継続推進
     熟練技能者不足に直面する状況を踏まえ、都市部における本県出身者(新卒者を含む)確保等の取り組み「いしかわ就職・定住総合サポートセンター」など関係行政機関と連携し、引き続き関係機関の協力を得て事業を継続推進する。  
    (7)産業競争力強化に向けた高度専門人材の獲得推進
     新たな事業の創造と雇用の創出を目的に、県外から移住してきた経営企画や営業戦略の構築、新製品開発による市場開拓、製造や営業の中核となる人材の確保を支援する。